所長ごあいさつ

当事務所の仕事は、

 

「税理士業務」+(プラス)「経営問題を、整理し、親身に解決します。」

 

 

私は、脳梗塞で倒れました。

現在、右半身麻痺の後遺症が残っております。

私は、たくさんの方からサポートしていただいたおかげで、

倒れる前以上に、当事務所を発展させることができました。

ありがとうございます。

 

これからは、私が皆様に恩返しをする番です。

私が、お客様の会社を全力でサポートいたします。

「お客様の発展」こそが私の一番の報酬です。

 

またやむを得ず、会社を閉めなくてはならないときもあります。

そのときは、少しでも名誉を汚さないよう、アドバイスさせていただきます。

 

 

当事務所は現在顧問契約を結んでいる会社及び個人を含め30社以上あり、

そのうち名前は出せませんが有名な会社もあります。

すべての社長から信頼を得て仕事を行っております。

  

まずはご連絡ください。社長の話を聞かせて下さい。

 

当事務所は守秘義務を守りますので、ご安心下さい。

                                                                                                                  

                                                                                   

 

(経営理念)

 

 ・「お客様の発展」こそが、私の報酬です。

 

 ・「お客様の発展」のために、親身に経営問題を整理し、解決します。

 

 

当事務所はこのような事務所です。

〇所長である私が、社長と直接対応いたします。

  

 「税理士業務」+(プラス)「経営問題を、整理し、親身に解決します。」

 

 社長と、月1回お会いして、じっくりお話を聞くことによって、資金繰り、借入相談、

 経費削減、売上UP、人事、リスク対策、後継者等の経営問題を1つ1つ整理し、

 解決いたします。

  

〇「提案書」を提出いたします。

 

 当事務所は、社長の話を聞き、後日、その問題点及び改善案を文章に分かりやすく

 まとめ、「提案書」として提出いたします。

 時には、耳の痛いこともあると思いますが、「会社の発展」のためと思って、ご了承

 下さい。

 

〇「経理の仕事」は御社でお願いいたします。

 

 経理の仕事とは、伝票整理・帳簿作成・データ入力などのことです。

 経理内容を知っておくことで、問題を早期発見することができます。

 社長に、指導いたします。

 経理初心者の方でも、当事務所指定の会計ソフト(弥生会計)を使って

 指導します。1年もあれば皆さま最低限必要なことはできるようになります。

 

 社長ではなく、社員の方に任せる場合は、信頼できる人を一人見つけてください。

 その方に、操作方法だけを指導いたします。

 しかし、任せすぎないでください。

 毎月経理内容の把握(入金・支出・在庫のチェック)だけでもお願いします。

 社長が経理の責任者となって下さい。

  

〇「監査役」(相談役)もやっております。(別途いただきます。)

 

 税理士としての専門知識を活かし、お客様の発展のために協力させていただきます。

 外部から、お客様の会社を客観的に見させていただきます。

 

【監査役(相談役)の仕事とは?】

 監査役は、株主総会で選任が必要です。(相談役は、株主総会での選任は不要です。)

 

 @取締役の経営意思決定を監査する業務監査(企業統治体制の確立)

   取締役の経営意思決定の監査とは、一言でいえば御社の経営理念に沿って経営判断が

   行われているかを見るものであります。そして、意思決定が取締役の利益または第三

   者の利益ではなく、会社の利益を第一に考えてなされているかどうかを見ます。

 

 A計算関係書類等の監査を行う会計監査(法令順守)

   会計監査では、取締役が作成した賃借対照表や損益計算書などの計算書類について

   不正が無いかなどをチェックします。そのためには、取締役会、株主総会に出席し、

   御社の情報について、意見交換を通じて確認することが必要となります。

 

 上記が一般的な監査役の仕事ですが、当事務所は以下のこともやっております。

 

 B事業承継のサポート

 

 事業承継には、大きく分けて2つのパターンがあります。

 1つは、株式を後継者に渡し会社を任せること。

 もう1つは、株式をM&A(売却)し、第三者に会社を譲ること。

 

 当事務所が特化しているのは、後継者がいる会社です。

 1人に任せられなければ、後継者を複数置いてもいいのです。

 当事務所はそのような会社も受けております。

 その場合は、役員間の結束が重要となります。

 

 監査役となったさいには、税務顧問の立場から一歩踏み込んで、社長、後継者、

 役員、株主、顧客、金融機関、仕入先などとの関係性を把握いたします。

 

 その上で、事業承継、相続、贈与にかかる課題点を見つけ出し、御社にとって

 ベストな対策を考えてまいります。

 

 そして、その解決に向け動き出します。

 

 

 

(当事務所で行うこと) ※監査役報酬に含みます。

  ・経営意思決定の監査      ・会計監査

  ・社長の思い、意見のヒアリング  ・後継者の意見のヒアリング

  ・相続税試算    ・贈与税試算    ・株価評価 

  ・公正証書遺言書作成及び遺言実行(株式についてだけでも可能です。)

                                                           

 

お問合せ・ご相談はこちら

社長の「夢」はなんですか?

ぜひお聞かせください。

当事務所は、社長の夢を実現するために、全力でサポートいたします。

社長の良き右腕になります。

・今の税理士に不満がある社長

・今の状況を変えたい、という社長

・今のままでほんとうに大丈夫か?と思っている社長

・これから起業してやっていこうとする社長

・後継者を考えている社長

ぜひご連絡ください!

当事務所がバックアップいたします!

   

 

まずは相談してください。当事務所では守秘義務を守ります。 

 

            ▼▼お電話でのお問合せ・ご相談はこちら▼▼
           TEL : 043−273−5787

                       お問合せフォームはこちらへ

▲このページのトップに戻る